お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

審美歯科千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

審美歯科

セラミック治療

セラミックは美しいだけでなく歯の健康に最適な素材

セラミック治療というと審美的(綺麗にしたい、白くしたい)というイメージが強いですが、実はそれ以外にも非常に優れた特性を持っています。体に優しく長持ちする素材として、歯に使用する素材としては最適なものと言えるでしょう。以下のような方にお勧めです。

  • 身体に悪影響を及ぼさないものを使用したい
  • 汚れが付きづらく二次虫歯のリスクが低いものを使用したい
  • 劣化しづらく長持ちするものを使用したい
  • 金属アレルギーが心配
  • 金属の見た目が気になる
  • 歯の形や色を綺麗にしたい


オールセラミッククラウン

セラミッククラウン

歯の全面を覆う被せ物(クラウン)をセラミックで作製します。

セラミックインレー

部分的な詰め物(インレー)をセラミックで作製します。

ポーセレンラミネートべニア

前歯の表面だけにセラミックを貼り付けます。

セラミックの特性

特性1.生体親和性に優れる

セラミックは体内に埋め込まれても生体に対して有害な作用を及ぼさず、強度や耐食性、安全性を有しているためお口の中以外にも人工関節など幅広い医療分野で使用されている素材です。
例えば金属の被せ物が歯肉に触れていると、金属の劣化などに伴い歯肉が炎症を起こしてしまう事があります。
歯の付け根の虫歯など、歯周ポケットの中まで人工材料が入る場合はセラミックのような生体親和材料が適しているでしょう。
当然のことながら金属アレルギーの心配もありません。

古い被せ物は劣化し歯肉炎を起こしている

セラミックで再治療を行うと歯肉の炎症は改善した

特性2.プラークが付着しづらく虫歯リスクを軽減

セラミックの表面は非常に滑沢なため、天然歯や金属、プラスチックなどの材質に比べてプラーク(プラーク)が付着しづらいです。
プラークは虫歯や歯周病の原因菌の集合体であるため、それが付きづらいことは二次虫歯や歯周病のリスク軽減に直結します。
また、セラミック自体がほとんど劣化しないため、その汚れの付きにくさは持続され歯も長持ちします。

お年寄りの口腔内
ブラッシングが思うようにできないが上顎のセラミッククラウンと下顎の硬質レジン前装冠とではプラークの付き方が違う

特徴3.自由度の高い色調再現性

セラミックは透明感もあり、歯の色合いに非常に近いものを再現することが可能です。
例えば前歯一本だけ被せ物にしなければならないときなどは、両隣の歯と遜色ない色調を求められます。
もしくはもっと白いものを希望される場合にはそれも可能です。

硬質レジン前装冠では透明感がないため、特に前歯一本だと目立ってしまう

周囲の歯の色に合わせたオールセラミッククラウン

セラミックの健康美を求めて

当院のセラミック治療は単純に「金属の被せ物からの取り換え」といったものではなく、前述したセラミックの特性を最大限に引き出すため、機材や時間を惜しまずに精密な治療を行います。

適合精度の追及し、二次虫歯、歯周病を防ぐ

被せ物をすると歯の大部分は人工物で覆われるため、虫歯菌は侵入しなくなるようにも思われますが決してそうではありません。
被せ物をする場合、歯茎に近い場所にぐるりと一周、人工物と歯との境界線ができます。
この境目にすき間や段差が存在すると、微小な細菌が停滞(プラークの付着)しやすくなり二次虫歯や歯周病のリスクが非常に高くなります。
そうならないためには歯の削り際(マージン)と被せ物がピッタリと適合するのが理想的です。
この適合精度を追及するためには「削る」「型取り」「模型に起す」「被せ物を作製する」といったすべての工程で技術と手間暇、精密器材が必要とされます。
そして被せ物の材質によっても適合精度は左右されるのです。

当院のセラミック治療

特徴1.術前に治療後のイメージをご提案

前歯の歯並びなどをセラミック治療で是正したいと思う場合、治療後のイメージが沸かないと不安なものです。
セラミック治療により複数の歯の歯並びや歯の形態を改善をこころみる場合、術前の歯型模型から術後のイメージをお伝えして計画を立てるようにしています。

特徴2.精密な仮歯で納得のできる形態を追及

最終的な被せ物が出来までの間は仮歯で過ごしていただきますが、その仮歯は術前にシミュレーションした理想的な形態で作製します。
仮歯はプラスチック素材ですが、この段階で見た目や咬み合わせ、もしくは歯肉との調和を確認していきます。
素材こそ違いますがセラミックの一歩手前のとても大事な位置づけでプロビジョナル(最終形態を見据えた仮歯)と呼ばれています。
「もう少し角を丸めた用が印象が優しくなる」「歯の長さは笑顔に調和しているか」といったことを確認し微調整を行いながらセラミックに移行していくので、「こんなはずじゃなかった」という術後の失敗もなくなります。

プロビジョナル
まだプラスチック製の仮歯の段階

プロビジョナルの形態を基にオールセラミッククラウンの完成

特徴3.拡大鏡と圧排糸の使用による精密な形成

削る器具を使用して歯の形を整えることを形成と言いますが、このステップが最も技術の差が出やすいところです。
その形成を精密に行うために必須なのが拡大鏡(ルーペ)です。
1㎝前後のはを0.1㎜単位で調整しなければならないため、肉眼で行うには限界があります。
拡大鏡を使用することで歯は3.0倍に拡大されより正確な形成が可能となります。

また、歯の生え際に削る器具を当てようとするとき、周囲にある歯肉が邪魔してしまう事があります。
その為必ず歯肉圧排(しにくあっぱい)というテクニックを使います。
歯肉圧排とは歯と歯肉の境目にある歯周ポケット内に直径0.5㎜ほどの細い糸を挿入することです。
歯を取り巻くように一周糸を挿入することで、一時的に歯周ポケットは広げられて、歯肉は歯から少し離れてくれるのです。
こうすることで被せ際となるライン(マージン)をガタつくことなく丁寧に形成していけるのです。
歯肉圧排は患者様にはわかりづらいものですが、このひと手間が仕上がりに大きく影響を及ぼします。

特徴4.精密シリコン印象(型取り)

セラミックを作製するためにお口の中で行う最後のステップが型取り(印象)です。
この型取りが精密に行えないとそれまでの治療が台無しとなり、出来上がるセラミックも適合精度の劣るものとなってしまいます。
一般的に型取りに使用する材料はアルジネート印象材というものです。
アルジネートは安価なため古くから使用されている材料ですが、固まって歯から外す瞬間にかかる力で微小な変形を起こしたり、取り外してから時間がたつとともに水分が抜けて収縮してしまいます。
そこで当院では寸法精度に優れたシリコン印象材を使用しています。
シリコン印象材は強度もしっかりあり、型を外すときにもほとんど変形せず、時間が経過しても安定しています。
そして、この型取りを行う時も形成時と同様に歯肉圧排を行いうため、歯肉に邪魔されることなく歯周ポケットの型まで取ることができるのです。

精密シリコン印象
削り際のはるか奥まで型取りが出来れいる

特徴5.希望の色味を再現

セラミックの色味は基本的に周囲の歯に合わせるようにして、その歯が治療を受けた歯だと分かりにくように仕上げます。
その為には周囲の歯の色調を正しく撮影する必要がありますが、当院では高性能の一眼レフと、歯の色味を見るために適したストロボ装置を用いて忠実な色味を再現していきます。
それでも仕上がったセラミックの色味が気になる場合は再調整も可能ですのでご安心いただけます。


神経が壊死したため前歯一本だけが変色してしまった症例


念入りに写真を撮り技工士へ伝える


出来上がったオールセラミッククラウン


周囲の歯を調和のとれた色調を再現

右上1番目がセラミッククラウン
変色歯や縞模様など、周囲の歯を参考にフルカスタマイズが可能

適合精度の高いセラミックインレー治療

性別年齢 30代女性
主訴・患者様の希望 詰め物の境目の二次虫歯治療
白く長持ちする材料で、二次虫歯になりにくいよう精密な治療をしてほしい。
治療方法 セラミックインレー治療
治療回数・時間 30分×2回
費用 59,000円
治療経過 拡大鏡、カリエス検知液を用いて取り残しがないように虫歯を除去したのち、精密な型取りができるよう歯肉圧排を施し、高精度のシリコン印象材で型取りを行った。

色調が調和するようにステイニングを施したセラミックインレーを作製。接着力の高いレジンセメントにて接着を行った。

治療前 レジンインレーの境界部に二次カリエスを認める

歯肉圧排 歯肉を糸で押えることで隠れた部分まで型取りが可能になる

シリコン印象材 細部まで明確に型どりが行えている

セラミックインレー 歯の色調を細かく再現するステイニング

治療後 段差がない高い適合精度と色調の調和

お問合せ

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム