お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

根管治療千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

根管治療

歯の寿命に直結する根管治療

歯の根の中の神経の治療を根管治療と言います。虫歯が進行して歯の神経(歯髄)まで細菌が侵入してしまった場合に神経を取り除く必要があります。(抜髄)
もしくは以前神経を取った歯に痛みがでたり、レントゲンで再感染が確認されたりしたときに再度根管治療が必要になります。(再根管治療)

根の中の管(根管)に針金のようなやすり(ファイル)を入れて感染した部分や神経の残骸をこすり落とします。
そして薬剤で消毒して根管内の細菌を除去していきます。
その後、根管内の空間を密閉するように栓をして根管治療が完了します。(根管充填)

根管内に細菌汚染された部分を残してしまったり、根管充填が緊密に行われていないと再び根管内で細菌が増殖してしまいいます。
すると内部から歯がむしばまれてしまったり、細菌が根の先から顎の骨に広がってしまったりして、最終的には抜歯が必要となります。

根管治療の成功の秘訣は徹底した根管内の洗浄と緊密な根管充填

根管(神経が走行している根の中の管)は非常に細く、複雑な形態をしています。
また根管の形態や本数は歯の種類によって異なり、人によっても様々です。
その根管の中に細菌に感染した汚染物質を残してしまうと痛みが続いたり、再び根の中で細菌が繁殖して根の奥に病巣が出来たりします。
そうならないようにするためには時間をかけてすべての根管内を洗浄することと、その空間を緊密に根管充填することが大切なのです。

当院の根管治療

特徴1.歯科用CTの活用による根管の三次元分析

当院では最新の歯科用三次元CTを導入しているため根管の形態や病巣が隠れている部位を立体的に把握することができます。
従来の根管治療では二次元レントゲンと手の感覚で行われていましたが、立体的に歯根を把握することで根管治療の成功率が飛躍的にアップします。

特徴2.根管長測定器の利用

根管の先端まできっちりと消毒するためには、根管の長さを正確に把握することが必要です。
当院ではレントゲンに加えて根管長測定器を用いることで、高い精度で根尖(根管の先端)の位置を把握して治療を行います。

特徴3.歯に優しいニッケルチタンファイルの使用

根管治療では、虫歯に侵された神経を除去するために「ファイル」と呼ばれる器具を使用します。
このファイルは大きく分けて二種類あり、ひとつが「ステンレスファイル」、もうひとつが「ニッケルチタンファイル(NiTiファイル)」というものです。
多くの歯科医院ではステンレスファイルのみを使用していますが、当院では十分な柔軟性を持ち、より神経を除去できるニッケルチタンファイルも同時に導入しています。
これにより患者様の歯を残すための精密根管治療が可能となります。

診療カレンダー

お問合せ

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム