お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

銀歯を白くすることはできますか?千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

銀歯を白くすることはできますか?

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミック治療の紹介」です。
詰め物や被せ物は、虫歯治療で削った歯を細菌から守る役割を担っています。

象牙質が露出した歯はやわらかく、また刺激に対しても敏感になってしまうため、
詰め物や被せ物がなければ虫歯が再発しやすいだけでなく、頻繁に痛みも感じてしまうでしょう。
ただ銀歯の場合は見た目の悪さの問題があり、これを解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

セラミック治療のすすめ

本来、歯を白くするにはホワイトニングやホワイトコートなどの方法がありますが、
これは天然の歯に行う治療であって人工物には効果がありません。
例えばホワイトニングすれば天然の歯は白くなりますが、銀歯の状態は全く変わらないのです。

このため銀歯を白くすることはできず、方法としては銀歯以外の素材の詰め物や被せ物にすることです。
そしてその素材とはセラミックであり、セラミックなら天然の歯に近い美しさを誇るでしょう。
このように、詰め物や被せ物をセラミックにすることをセラミック治療と呼びます。

セラミックの特徴・長所

セラミック治療をするからには、セラミックの特徴を知っておかなければなりません。
そこで、まずはセラミックの長所を次にまとめます。

長所1. 審美性が高い

いわゆる見た目の美しさであり、銀歯からセラミックに交換する理由として最も多いのがこの長所でしょう。
白いのはもちろん白さの調節も可能なため、自分の歯に合った自然な白さを再現でき、
パッと見ただけだと天然の歯と見分けがつかないほどの美しさです。

長所2. 二次虫歯になりにくい

銀歯は虫歯が再発しやすく、それには2つの理由があります。
1つはプラークが付着しやすいこと、そしてもう1つは接着が弱く隙間が生じやすいことです。
一方セラミックは銀歯のこれらの問題が全て解消されており、虫歯の再発を予防しやすくなっています。

長所3. 長持ちしやすい

これについては、あくまでケアを怠らないことが前提という前置きが必要でしょう。
ケアが万全な前提で比較すれば、セラミックは銀歯に比べて素材的に長持ちしやすく、
またセラミックの種類によっては変色もなく美しさを長く維持できます。

長所4. 金属アレルギーの心配がない

銀歯は費用が安いため一見誰にでもおすすめに思えますが、実はそうではありません。
と言うのも、銀歯は金属であるため金属アレルギーの人にはおすすめできないのです。
その点、セラミックは陶器ですから金属アレルギーの人でも安心して使えます。

セラミックの特徴・短所

どんなに優れた治療方法にもデメリットはあり、セラミックにおいてもそれは例外ではありません。
治療に後悔しないためにも、セラミックの短所についてもしっかり把握しておきましょう。

短所1. 費用が高い

銀歯は保険診療ですがセラミックは自由診療であり、そのため費用は高くなります。
これはセラミックが詰め物や被せ物としての付加価値が高く、健康保険適用の基準から外れているためです。
最も、医療費控除やセラミックの種類にこだわるなど、費用を抑える方法はいくつかあります。

短所2. 欠けることや割れることがある

セラミックは陶器です。充分な耐久性はあるものの、やはり金属である銀歯に比べると強度では劣っており、
あまり強く噛んでしまうと、セラミックが欠けたり割れたりすることがあるかもしれません。
ただしこれについても解消方法があり、ジルコニアセラミックなど耐久性の高いセラミックも存在します。

短所3. 銀歯に比べて対応できる歯科医院が少ない

最近ではセラミック治療を希望する人が多く、そのため対応できる歯科医院も増えています。
ただ、それでも銀歯に比べると対応できる歯科医院の数は少ないのではないでしょうか。
例えばある歯科医院で虫歯治療を行った場合、その歯科医院ではセラミック治療ができないケースもあります。

セラミックの種類

セラミックの紹介として最後にお伝えするのがセラミックの種類です。
セラミックには次の4種類があり、それぞれのセラミックならではの特徴を持っています。
好きな種類のセラミックを選択できますが、取り扱っているセラミックの種類は歯科医院ごとで異なります。

オールセラミック :審美性と機能性においていずれも高く、一方で費用は高い
ハイブリッドセラミック :レジンとセラミックの中間に位置するもので、費用が安くてお手軽さがる
メタルボンド :金属のフレームを使用しているため耐久性が高く、一方で金属アレルギーの対象になる
ジルコニアセラミック :審美性と耐久性が高く、一方で費用が高く取り扱っている歯科医院も少ない

それぞれのセラミックには独自の長所がありますが、一方で短所もあります。
長所と短所に注目して、自分に合ったセラミックを選択してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療の紹介についてまとめます。

1. セラミック治療のすすめ :銀歯を白くするのは不可能だが、銀歯をセラミックにすれば審美性は高まる
2. セラミックの特徴・長所 :審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、長持ちしやすいなど
3. セラミックの特徴・短所 :費用が高い、割れることや欠けることがあるなど
4. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら4つのことから、セラミック治療の紹介について分かります。
銀歯をセラミックにすれば見た目は美しくなり、さらに人工物としての機能性も高くなるのです。
このため、例え審美性を気にしない人でもセラミックはおすすめで、
例えば虫歯の再発を予防するのが目的でセラミック治療を希望する人も少なくありません。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム