お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

セラミックのメリット・デメリットを教えてください千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

セラミックのメリット・デメリットを教えてください

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。
今回のテーマは「セラミックのメリットとデメリット」です。
近年ではセラミック治療を希望する人が増加傾向にありますね。

そのためセラミックに興味を持つ人も多く、患者さんから質問を受ける機会が多々あり、
そこでセラミックのことをよく理解できるよう、メリットとデメリットに分けてセラミックの特徴を説明します。
これを読めばセラミックがどのようなものなのかが簡単に理解できますよ。

セラミック治療とは

そもそもセラミック治療とは何なのか?…それは、詰め物や被せ物の素材をセラミックにする治療です。
虫歯治療で歯を削った時など、詰め物や被せ物などの人工物で患部を処置しますが、
こうした人工物の素材には種類があり、例えば銀歯やレジンが一般的ですね。

セラミックもそんな人工物の素材の1つであり、
つまり詰め物や被せ物の素材をセラミックにすることをセラミック治療と言います。
ちなみに、現在別の素材を使っている人がセラミックに交換することも可能です。

セラミックのメリット

セラミックは銀歯などと比較すると、次のメリットがあります。

見た目が美しい

審美性の高さはセラミックの最大のメリットです。
白さも調節可能なため、より自分の歯の色に近い自然な白さを再現でき、
そのため天然の歯と比べても違和感がなく、人に見られることにも抵抗を感じなくなります。

虫歯が再発しにくい

銀歯は接着が剥がれやすく、またプラークも付着しやすいため虫歯が再発しやすい欠点があります。
セラミックの場合はこれと全く逆で、接着もしっかりしていています。
またツルツルしていることから素材的にプラークも付着しにくく、そのため虫歯の再発を予防しやすいのです。

長持ちしやすい

セラミックに限らず、詰め物や被せ物の寿命は毎日のケアに大きく左右されます。
ですから、ケアを怠れば例えセラミックでも長持ちはしないでしょう。
しかし万全なケアを行っている場合、保険診療の銀歯に比べてセラミックは長持ちしやすくなっています。

金属アレルギーの心配がない

銀歯は金属ですから、金属アレルギーの人は銀歯を使用することができません。
一方、セラミックは陶器ですから金属アレルギーの人でも安心して使用できます。
ただしメタルボンドは例外で、メタルボンドはセラミックでありながら一部金属を使用しています。

セラミックのデメリット

次にデメリットの説明です。セラミックは銀歯などに比べて次のデメリットがあります。

費用が高い

セラミックは基本的に自由診療であり、そのため保険診療の銀歯に比べて費用は高くなります。
最も、費用を抑えることは可能であり、例えばセラミック治療は医療費控除の対象になっていますし、
セラミックの中でもハイブリッドセラミックなら比較的安くてお手軽です。

強度は銀歯ほど高くない

陶器であるセラミックはあまり強く噛むと割れることがあり、単純な強度の面では金属である銀歯に劣ります。
ただし強度に長けたセラミックも存在しており、例えばジルコニアセラミックがこれに該当します。
人工ダイヤモンドを使用したジルコニアセラミックは硬く、奥歯でも安心して使用できるでしょう。

セラミックの種類と特徴

セラミックにはオールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミックの4種類があり、
セラミックに共通するメリットに加えてそれぞれ次のような独自の特徴もあります。

オールセラミックとその特徴

「オール」の文字どおり100%セラミックで仕上げており、セラミックの中で最も美しいとされています。
充分な強度と耐久性を誇り、また年数経過で変色することもありません。
セラミックの中でまさに最上位に位置するタイプですが、一方で費用が高い欠点もあります。

ハイブリッドセラミックとその特徴

レジンにセラミックの微粒子を練り込んで仕上げており、素材的にはレジンとセラミックの中間に位置します。
もちろん審美性は高いものの、レジンの影響でオールセラミックには劣りますし、変色も起こります。
ただし費用は安く、お手軽なセラミックと位置付けられているのがハイブリッドセラミックの特徴です。

メタルボンドとその特徴

「メタル」の文字どおり金属を使用しており、中身のフレームが金属になっています。
要するに、中は金属で外はセラミックという特殊な仕様になっており、
角度によっては金属も見えてしまいますが、セラミックでありながら金属の強度を備えているのが特徴です。

ジルコニアセラミックとその特徴

イメージとしてはメタルボンドの上位タイプと捉えると分かりやすいでしょう。
メタルボンド同様に強度に長けており、なおかつメタルボンド以上に美しく、金属も使用していません。
審美性と機能性はメタルボンドを上回っていますが、費用が高いのが欠点です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックのメリットとデメリットについてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物の素材をセラミックにする治療
2. セラミックのメリット :見た目が美しい、虫歯が再発しにくい、長持ちしやすいなど
3. セラミックのデメリット :費用が高い、強度は銀歯ほど高くない
4. セラミックの種類と特徴 :オールセラミックを含めた4つの種類のセラミックが存在する

これら4つのことから、セラミックのメリットとデメリットについて分かります。
セラミック治療とは何か、セラミックのメリットとデメリットは何か、
そしてセラミックにはどのような種類があるのか、今回の説明でこれら全てが分かるようになっています。
セラミックに興味がある人はぜひ参考にしてくださいね。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム