お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

60代女性の奥歯の銀歯ブリッジ(パラジウムブリッジ)に発生した二次カリエスをジルコニアブリッジにて治療した例千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

60代女性の奥歯の銀歯ブリッジ(パラジウムブリッジ)に発生した二次カリエスをジルコニアブリッジにて治療した例

相談内容 5年前に治療した奥歯の銀歯ブリッジの周辺の歯茎から出血するようになった。
診断結果 銀歯(金銀パラジウム合金)が劣化し、ブリッジと歯との境界に段差が認められた。
そのためブリッジ周辺にプラークが停滞しており、歯肉炎と二次カリエスを誘発していた。
行った治療内容 銀歯ブリッジを除去した後、二次カリエスの治療と周辺の歯石を除去。一旦、プロビジョナルレストレーション(精度の高い仮歯)に置き換え周辺歯肉の炎症が改善するのを待った。その後、生体親和性の高いジルコニアにてブリッジを作製した。適合性も高く歯肉炎の症状も改善した。
治療回数・時間 一度、古いブリッジを除去し仮歯に置き換え1週間程度経過を見た。
その後、型取りから調整、装着までおよそ1週間程度の治療となった。
およその費用 治療費総額 421,000円(税別)
治療のリスクについて ・セラミックは使用環境によって外れてしまうことがあります。
・セラミックも十分なメンテナンスを行わないと、周辺の歯から虫歯になることがあります。
・強い食いしばりがあったり高度の高いものを誤って噛んだりするとセラミックが割れてしまうことがあります。

治療前

銀歯(金銀パラジウム合金)が劣化しておりザラザラしている。

銀歯(金銀パラジウム合金)が劣化しておりザラザラしている。

ブリッジと歯の境界にプラークが停滞、二次カリエスが認められる。

ブリッジと歯の境界にプラークが停滞、二次カリエスが認められる。

治療中

古いブリッジの除去直後。二次カリエスの進行がわかる。

古いブリッジの除去直後。二次カリエスの進行がわかる。

ポンティック(欠損部のダミーの歯)部分の歯茎にも炎症が起きている。

ポンティック(欠損部のダミーの歯)部分の歯茎にも炎症が起きている。

仮歯に置き換え歯肉炎の改善を確認する。

仮歯に置き換え歯肉炎の改善を確認する。

審美性も考慮し色調を確認する。

審美性も考慮し色調を確認する。

完成したジルコニアブリッジ

完成したジルコニアブリッジ

治療後

装着されたジルコニアブリッジ。色調も調和している。

装着されたジルコニアブリッジ。色調も調和している。

ブリッジの境界部分も適合性が高く、歯肉炎も改善した。

ブリッジの境界部分も適合性が高く、歯肉炎も改善した。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム