お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

歯磨き粉の選び方千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

歯磨き粉の選び方

今回は歯磨き粉(歯磨剤)についてお話しします。

 

皆さんはドラッグストアなどで歯磨き粉を選ぶ際にどのようなものが良いのか迷ってしまう事はありませんか?

歯磨き粉には製品により特長があり、患者さんのお口の状況や目的に応じて選ぶポイントが異なります。

 

まずは「虫歯になりやすい方・虫歯予防がメインの方」への選び方のポイントをご紹介します。

 

ポイント①

フッ素の濃度が950ppm以上含まれている

 

歯は絶えず脱灰と再石灰化を繰り返していますが、この再石灰化が起こる際にフッ素が存在すると、フルオロアパタイトが形成されます。フルオロアパタイトとは、歯や骨を構成する無機質の主成分ハイドロキシアパタイトにフッ素が取り込まれて作られるものです。

フルオロアパタイトはハイドロキシアパタイトよりも、細菌の出す酸に対して溶かされにくい性質を持っているので、フルオロアパタイトが形成されると虫歯になりにくくなります。

ポイント②

発泡剤が少ない、入っていない

 

発泡剤はお口の中が泡で溢れてしまうと、長時間磨くことが出来なくなってしまいます。

また、泡立つことで歯が磨けたと錯覚してしまい、ブラッシングガ不十分になることもあります。

 

ポイント③

研磨剤が少ない

研磨剤は歯の表面の着色や汚れを除去してくれる半面、研磨力が強いものは歯を傷つけてしまう事もあります。歯の表面に細かい傷がつくと逆に着色が付きやすくなるため注意が必要です。歯を傷つけない必要最低限の研磨剤が理想といえます。

 

当院では発泡成分が少なく、また研磨剤も少ないチェックアップをお勧めしています。 研磨成分が必要最小限しか入っていないため歯を傷つけることがありません。

フッ素も950ppm入っていますのでスタンダードなタイプとして幅広い患者様にご使用いただけます。

 

自分に合った歯磨き粉がどんなものか、お口の状況に合わせてアドバイスいたしますのでお気軽にご相談ください。

 

赤坂クレール歯科クリニック 歯科衛生士

 

4

フッ素950ppm配合の歯磨剤チェックアップ

 

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム