お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

治療した歯(かぶせもの等)はまたむし歯になりますか?千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

治療した歯(かぶせもの等)はまたむし歯になりますか?

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。
今回のテーマは「治療した歯がまた虫歯になる可能性」です。
虫歯治療をして詰め物や被せ物で処置した歯、その歯はもう虫歯にならないと思いますか?

答えはノーで、一度治療した歯が再度虫歯になることはありますし、それは決して稀なケースではないのです。
事実、近年では虫歯になる人は減少傾向にありますが、
同じ歯が二度や三度虫歯になるケースは依然高く、成人の虫歯治療のほとんどがこのケースによるものです。

1. 二次虫歯の要因

一度治療した歯が再度虫歯になることを二次虫歯、もしくは二次カリエスと呼びます。
また、実際には二度とは限らず三度も四度も虫歯を繰り返すこともあります。
本来このような事態にならないために詰め物や被せ物や処置するのですが、
年数が経つことで詰め物や被せ物の接着が弱まってくるのです。

そうなると詰め物や被せ物と歯との間に隙間が生じ、そこから細菌が侵入してしまいます。
これが二次虫歯の要因であり、一見詰め物や被せ物で覆われて分からないことから、
初めての虫歯に比べて二次虫歯は気付きにくく厄介です。

2. 二次虫歯の問題

二次虫歯は最初の虫歯よりも深刻で、その理由が二つあります。
一つは上記でも説明したとおり、二次虫歯になっていることに気付きにくいことです。
何しろ表面は詰め物や被せ物で覆われているため、歯の黒ずみなどから虫歯に気付けないのです。

もう一つの問題点は、二次虫歯は歯を失うリスクを高めるということです。
治療した歯を削る、また虫歯になって治療して歯を削る…これを繰り返していれば、
削られ続けた歯はいずれ失われてしまうからです。

3. 予防が難しい二次虫歯

二次虫歯は予防が難しく、その理由は歯磨きしにくいことにあります。
二次虫歯の要因は詰め物や被せ物と歯との間にできた隙間ですが、ここを磨くことは難しいですからね。
歯ブラシはもちろん、デンタルフロスや歯間ブラシでも隙間は磨きにくいでしょう。

しかし、二次虫歯の予防方法が全くないわけではありません。
最初に虫歯治療をした時から二次虫歯のリスクを想定していれば、対策によってそれを充分防げます。
では、以下の項目で二次虫歯の予防方法を挙げていきます。

4. セラミックを使用する

詰め物や被せ物といえば銀歯を想像する人が多いかもしれませんが、
近年はそこにセラミックを希望する人が増えています。セラミックは審美性の高さが目立ちますが、
実はそれ以外にも二次虫歯を予防できるというメリットがあるのです。

なぜなら、セラミックは材質上プラークが付着しにくいですし、
歯との接着の相性にも優れているため隙間が生じにくいからです。費用は高くなるものの、
二次虫歯で治療を繰り返すことを考えれば、セラミックは一概に高額とも言い切れません。

5. 定期検診を受ける

歯科医院では定期検診を受けることができますが、
二次虫歯を予防する上では定期検診は欠かせないないでしょう。
お口の中をチェックすることで詰め物や被せ物の劣化に気付けますし、
そうすれば新品の詰め物や被せ物と交換できるため、劣化によって隙間が生じる問題を防げます。

また、歯磨きの方法を指導してもらうことで精度の高い歯磨きができるようになりますし、
お口全体をチェックやクリーニングすることで二次虫歯だけでなく他の歯の健康も維持できるのです。
一ヶ月に一度、もしくは三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けていれば、高い確率で予防できるでしょう。

6. 歯科医院選びにこだわる

虫歯治療となるとどうしても距離だけで歯科医院を選んでしまいがちですが、
最初の虫歯の時点で歯科医院選びにこだわれば、将来二次虫歯を予防しやすくなります。
ちなみに歯科医院選びのポイントを一つ挙げると、治療の精度の高さです。

例えばマイクロスコープを導入している歯科医院なら治療の精度も高く、
詰め物や被せ物に至っても隙間ない調整が可能性でしょう。
問題はどうやってその歯科医院の医療設備を知るのかですが、
これは歯科医院のHPを見ると紹介されています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、治療した歯がまた虫歯になる可能性についてまとめます。

  1. 二次虫歯の要因 :詰め物や被せ物の劣化で隙間が生じ、そこから細菌が侵入する
  2. 二次虫歯の問題 :詰め物や被せ物に覆われていることで気付きにくく、治療を繰り返すことで歯を失う
  3. 予防が難しい二次虫歯 :詰め物や被せ物の隙間は歯磨きしづらいので予防が難しい
  4. セラミックを使用する :セラミックはプラークが付着しにくく、接着の相性の良さから隙間が生じにくい
  5. 定期検診を受ける :口内をチェックすることで、詰め物や被せ物の劣化に気付ける
  6. 歯科医院選びにこだわる :精度の高い治療を行っている歯科医院で治療を受けると良い

これら6つのことから、治療した歯がまた虫歯になる可能性が分かります。
二次虫歯を予防するポイントは、最初の虫歯治療の時点で二次虫歯に危機感を持つことです。
最初の虫歯治療でセラミックの詰め物や被せ物を使用する、
最初の虫歯治療で歯科医院選びにこだわる…こうした工夫や考えが大切です。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム