お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

急な歯の痛みを止める方法を教えて下さい千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

急な歯の痛みを止める方法を教えて下さい

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。今回のテーマは「歯の痛みを止める方法」です。歯の痛みと突然起こるため、そのタイミングによっては歯科医院に行けない場合があります。

実際、夜中に突然歯が痛んで眠れない思いをした人も多いのではないでしょうか。虫歯は薬では治らないため、ドラッグストアで言っても治す薬はありません。しかし、一時的な応急処置の方法ならいくつかあり、辛い歯の痛みを解消することができます。

痛み止めを飲む

薬で虫歯は治せないですが、痛み止めを飲むことで一時的な痛みの解消は可能です。歯科医院で処方された痛み止めはもちろん、これはドラッグストアで販売されているものでも構いません。ただし痛み止めには即効性がないため、効果が出るまで少々時間がかかるのが欠点です。

また、神経が炎症を起こすような激痛だと、痛み止めでも完全な痛みの解消はできないこともあります。注意点として、必ず決められた間隔と量を守って使用してください。例え痛み止めの効果が切れた場合でも、間隔が短すぎる状態で飲んではいけません。

冷やす

身体に起こる症状によっては温めた方が良いケースもありますが、歯の痛みに対しては冷やすのが正解です。と言うのも、温めると血行が良くなるため、血流によって神経が圧迫されてしまうからです。そうするとむしろ痛みが増してしまうため、歯の痛みに対して温めてはいけません。

また、冷やす場合も患部を直接冷やすと知覚過敏を引き起こす可能性があります。つまり、冷たいものに患部が直接触れることでそれが刺激になってしまうのです。このため直接ではなく、頬側から水で濡らしたタオルや解熱シートを貼り付けるなどして冷やしてください。

正露丸を詰める

正露丸は腹痛時に飲むイメージですが、歯の痛みに対しても効果があります。ただし、歯の痛みに対しては飲むのではなく詰めるのが正しい使用方法です。正露丸は粘土状になっているため、指で強く押すと潰れて変形します。

そこで、患部に正露丸を詰め込んでください。痛み止めよりも早く痛みを解消できますし、詰めた正露丸も放っておけば唾液と混ざって溶けていきます。この方法の欠点を挙げるなら、正露丸を詰めたままにしているため口の中がまずく感じることです。

ぬるま湯でうがいを繰り返す

歯が痛いと歯磨きしたくなりますが、それだと歯ブラシの摩擦が患部を傷つける可能性があります。そこで細菌を流すため、歯磨きではなくうがいをするのが効果的です。また、冷水は温度が患部への刺激となるため、ぬるま湯でうがいをするようにしましょう。

強いうがいだと患部を傷つける可能性がありますから、ゆっくり丁寧なうがいを繰り返してください。ちなみに、この方法は食べカスが詰まって歯が痛んでいる時は特に効果的です。繰り返して何度もうがいをすれば、細菌や食ベカスが流れて痛みを少しずつ解消できます。

救急センターを利用する

子供がいる人は、子供の急な体調不良で救急センターに行った経験があるかもしれません。こうした救急センターは歯科においても存在し、休日や夜間の急な歯の痛みに対処してくれます。最も、一度の治療で完治は不可能ですから、治療内容は一時的な応急処置にはなるでしょう。

「歯科 救急 〇〇(地域)」でインターネット検索すれば、最寄りの救急センターが見つかります。また、一般の歯科医院でも中にはある程度遅い時間まで診療しているところもあるため、自宅に近い歯科医院の診療時間はある程度把握しておくと良いでしょう。

噛み合わせないようにする

歯が痛い時に多くの人がやってしまうのが、歯をガチガチと噛み合わせることです。これは患部を傷つけることになりますし、そもそも歯の痛みは噛み合わせた時に起こりやすくなります。このため、歯の痛みの解消のためにはむしろ噛み合わせない方が良いのです。

例えば、元々食いしばりの癖がある人は、それを止めるだけで歯の痛みが解消されることもあります。状態によっては効果が低いものの、少なくとも噛み合わせると痛みが増してしまいますし、歯が痛い時にはできるだけ噛み合わせないように心掛けましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯の痛みを止める方法についてまとめます。

1. 痛み止めを飲む :即効性がないのが欠点。ドラッグストアで販売されているもので良い
2. 冷やす :直接患部を冷やすのではなく、頬側から濡れタオルや解熱シートを貼って冷やす
3. 正露丸を詰める :飲むではなく詰める。痛みの解消は早いが、口がまずくなるのが欠点
4. ぬるま湯でうがいを繰り返す :冷水や強いうがいは患部へのダメージとなるので注意
5. 救急センターを利用する :歯科の救急センターも存在し、夜間でも治療を受けられる
6. 噛み合わせないようにする :歯の痛みは噛み合わせた時に起こりやすい

これら6つのことから、歯の痛みを止める方法について分かります。これらの方法で痛みが解消されても、後日できるだけ早く歯科医院に行ってください。応急処置はあくまで一時的な処置でしかなく、治療としての効果は全くありません。ですから虫歯で歯が痛む場合、歯科医院で治療を受けない限り虫歯が治ることはないのです。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム