お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

歯を失う原因で最も多いのは歯周病と聞きましたが、本当ですか?千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

歯を失う原因で最も多いのは歯周病と聞きましたが、本当ですか?

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯を失う原因として最も多い歯周病について」です。
虫歯や歯周病は、進行すれば最終的に歯を失ってしまう怖い病気です。

ちなみに、歯を失う原因として最も多いのは後者…つまり歯周病の方になります。
最も、この事実については意外に思う人もいるのではないでしょうか。
何しろ、口の中の病気と言えば誰もが真っ先に虫歯を連想するからです。

そんな虫歯以上に歯周病が歯を失う原因となっているのは、一体なぜなのでしょうか。
ここでは、歯周病で歯を失う人が多いのはなぜなのかを考えていきます。

歯周病になると歯が失われるのはなぜか

歯周病は「歯の周りの病気」と書きますが、歯の周り…すなわち歯肉の病気です。
実際、歯周病になると歯肉が炎症を起こしてしまい、その影響で腫れや変色が見られるようになります。
やがて、進行することで今度は歯槽骨が溶かされてしまいます。

この歯槽骨とは顎の骨であり、歯を支える役割を担っている骨です。
その歯槽骨が溶かされるということは、歯は支えを失うということになります。
そして、支えを失った歯は不安定でグラグラするようになり、最終的に抜け落ちてしまうのです。

つまり、「歯周病になってそれが進行すると歯の支えになっている歯槽骨が溶かされ、
そのため支えを失った歯が抜け落ちてしまう」…これが歯周病で歯が失われる理由です。
ちなみに歯槽膿漏という病名を聞いたことがあると思いますが、歯槽膿漏は重度の歯周病を意味しています。

静かに進行する歯周病

いくら歯周病でも進行しなければ歯が失われるまでの事態にはなりません。
もっと正確に言えば、末期段階まで進行しなければ治療によって歯を守ることができます。

しかし歯周病で歯を失う人が最も多いということは、
それだけ多くの人が歯周病を末期段階まで進行させてしまっていることになるのです。

それはなぜか?…その理由として最も考えられるのが「自覚症状の問題」です。
例えば虫歯の場合だって、末期段階まで進行すれば歯はボロボロになって失われてしまいます。
しかし、そこまで虫歯を進行させてしまう人はほとんどいないでしょう。

なぜなら、「痛み」という分かりやすい自覚症状によって末期段階になる以前に虫歯に気付けるからです。
しかし歯周病には目立つ自覚症状がなく、そのせいで歯周病になっていても自分で気付けないのです。

このため歯周病は「静かに進行する病気」とも表現されており、
やっと気付いた時には末期段階まで進行してしまっている…そんなケースが非常に多いのです。

歯周病は生活習慣病

歯周病は生活習慣病です。つまり、日常生活の中には歯周病になってしまう要因がいくつも潜んでいます。
例えば喫煙は歯周病になるリスクを5倍以上も高め、さらに悪化しやすくなる傾向があります。
また、疲労やストレスや睡眠不足といった問題も歯周病になるリスクを高めます。

何しろ歯周病は歯周病菌…つまり細菌に感染することで起こる病気ですから、
身体の免疫力を高めることが細菌感染の予防…つまり歯周病の予防につながります。

その意味では、疲労やストレスや睡眠不足はいずれも身体の免疫力を低下させる要因になります。
このため、これらはいずれも歯周病になるリスクを高めてしまうのです。

とは言え、社会人として生活していると疲労やストレスや睡眠不足はどうしても起こり得る問題ですね。
どうしても起こり得る問題だからこそ予防が難しく、そのせいで歯周病になる人が多いのです。

歯を守るために欠かせない定期検診

歯周病で歯を失う事態を防ぐには、2つのことに注意する必要があります。
1つは歯周病を予防すること、もう1つは歯周病になっても早期治療することです。
そして、これらの注意点においてポイントになるのが歯科医院の定期検診です。

定期検診を受ければ口の中のクリーニングやブラッシング指導、
生活習慣改善のアドバイスなどによって歯周病を予防しやすくなります。

さらに歯科医が口の中の状態をチェックするため、
自覚症状のほとんどない初期段階の歯周病も発見して治療できます。
つまり、歯周病を予防するためにも歯周病を早期治療するためにも、定期検診は欠かせないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失う原因として最も多い歯周病についてまとめます。

1. 歯周病になると歯が失われるのはなぜか :歯を支えている歯槽骨が溶かされてしまうため
2. 静かに進行する歯周病 :歯周病には目立つ自覚症状がないため、進行しても気付きにくい
3. 歯周病は生活習慣病 :喫煙、疲労、ストレスなど、日常生活の中にも歯周病の要因が潜んでいる
4. 歯を守るために欠かせない定期検診 :歯周病の予防と早期治療のためには定期検診が欠かせない

これら4つのことから、歯を失う原因として最も多い歯周病について分かります。
歯周病で歯を失う人が多いのは、それだけ歯周病になり、なおかつ進行させてしまう人が多いからです。
ではそれはなぜか?…歯周病は生活習慣病でもあり、静かに進行する病気でもあるからです。
このため歯磨きでは予防が難しいですし、例え歯周病になってもそれに気付くことすら困難です。
解決手段としては定期検診を受けることで、そうすれば予防効果が高まり、早期発見と早期治療も可能です。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム