お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

歯周病の治療にはどんなものがあるの?千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

歯周病の治療にはどんなものがあるの?

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。
今回のテーマは「歯周病の治療方法」です。
歯周病になった時は当然治療が必要ですが、歯科医院に行くことに躊躇する人も少なくありません。

これは歯周病の治療方法があまり知られていないからで、
「どんな治療をするのだろう?」と不安な気持ちを抱いてしまうことが理由として考えられます。
そこで、ここでは歯周病の治療方法について説明していきます。

スケーリング

目的 :歯石の除去

歯周病治療の基本は口の中を綺麗にすることで、そのために必要なのが歯石の除去です。
プラークは歯磨きで除去できるものの、石灰化している歯石を歯磨きで除去することはできません。
そこで、歯科医院でスケーラーと呼ばれる専用の器具を使用して付着している歯石の除去を行います。

歯と歯の間に付着した歯石はもちろん、重要なのは歯周ポケットに溜まった歯石の除去です。
歯周ポケットとは歯と歯肉の境目の溝のことで、歯周病になることでこの溝が深くなります。
そうすると歯周ポケットに歯石が溜まってしまうため、それも綺麗に除去しなければなりません。

プラークコントロール

目的 :口の中を清潔に保つ

プラークコントロールとは正確には患者さん自身が行うもので、プラークを効率良く除去することです。
メインとなるのは毎日の歯磨きで、歯科医院では歯磨きの効果を高めるためのブラッシング指導を行います。
また食生活などのアドバイスも行って、できるだけプラークが溜まらない日常生活を提案します。

患者さんの歯並びに合わせたブラッシング指導を行うため、
歯並びが悪い人でも効率良く磨けるようになります。ちなみにブラッシングだけの歯磨きでは不充分なため、
プラークコントロールを徹底するにはデンタルフロスや歯間ブラシの使用は欠かせません。

デブライトメント

目的 :プラークの除去

スケーリングと似ていますが、デブライドメントの目的は歯石ではなくプラークの除去です。
プラークは歯磨きでも除去できますが、いくら丁寧に磨いても必ず磨き残しで出てしまいますし、
歯周病によって深くなった歯周ポケットにもプラークが溜まります。

デブライドメントは専用の器具を使用するため、このようなプラークも綺麗に除去できます。
つまりプラークを徹底的に除去するのがデブライドメントの目的で、
これはスケーリングやプラークコントロール同様、歯周病治療の基本です。

フラップ手術

目的 :歯周ポケットのプラークや歯石の除去

軽度の歯周病なら、歯周ポケットに溜まったプラークや歯石はスケーリングやデブライドメントで除去できます。
しかし、歯周病がある程度進行してしまうとこれらの方法では対処できなくなり、
なぜなら歯周ポケットは歯周病の進行に比例して溝が深くなるからです。

そうなると外側からのスケーリングやデブライドメントでは対処できないため、
歯肉を切開してそこから歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を除去します。
この歯肉を切開する手術をフラップ手術と呼び、中期段階以降まで歯周病が進行している場合に行います。

GTR法、エムドゲイン法

目的 :溶かされた歯槽骨の再生を促す

歯周病が進行すると歯槽骨が溶かされ、歯が支えを失う状態になってしまいます。
本来溶かされた歯槽骨は再生しませんが、GTR法やエムドゲイン法によって再生を促すことができます。
ただし対応できる症例には限りがあり、完全に元どおりの状態まで再生できる保証はありません。

また、GTR法やエムドゲイン法は正確には歯周病治療において必須の治療ではなく、
歯槽骨を再生させたいと思う人のみ患者さんの判断で行う治療です。
このため自由診療になり、健康保険が適用されないため費用は高額になります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病の治療方法についてまとめます。

1. スケーリング :歯石の除去が目的。歯周病治療の基本で、スケーラーと呼ばれる専用の器具を使用する
2. プラークコントロール :口の中を清潔に保つのが目的。行うのは患者さん自身で、メインは精密な歯磨き
3. デブライドメント :プラークの除去が目的。歯周ポケットに溜まったプラークも除去できる
4. フラップ手術 :歯周ポケットのプラークや歯石の除去が目的。歯周病が進行している場合に行う
5. GTR法、エムドゲイン法 :溶かされた歯槽骨の再生を促すのが目的。自由診療なので必須の治療ではない

これら5つのことから、歯周病の治療方法について分かります。
歯周病治療の基本はスケーリングやデブライドメント、そして患者さんによるプラークコントロールです。
ただし進行している場合、状態によっては歯肉を切開するフラップ手術を行います。

また、歯槽骨が溶かされた場合は再生を促す治療も存在し、それがGTR法やエムドゲイン法です。
これらは自由診療なので費用は高く、さらに治療に対応した歯科医院も限られています。
他には歯科医院によってはレーザー治療、薬の飲むことでの治療を導入しているところもあります。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム