お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

セラミック治療希望です。治療前に知っておかなければならないことはありますか?千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

セラミック治療希望です。治療前に知っておかなければならないことはありますか?

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。今回のテーマは「セラミック治療における必要な知識」です。セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにするための治療です。

最初に詰め物や被せ物を入れる時はもちろん、既に銀歯やレジンを使用している方がセラミックにすることも可能です。そんなセラミック治療を希望する上で、知っておいた方が良いセラミックの知識について説明します。

セラミックの種類について

セラミックにはいくつか種類があり、患者さんは好きな種類のセラミックを選択できます。ちなみに、取り扱っているセラミックの種類は歯科医院ごとで異なっており、それぞれのセラミックには独自の特徴があります。

オールセラミック

セラミックの中で最も美しく、耐久性も高いため機能性にも優れたタイプです。実は、セラミックの中で100%セラミックなのはこのオールセラミックのみです。セラミックの種類の中で最上位に位置しますが、その分費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んだタイプで、材質的にはレジンに近くなっています。このため審美性や耐久性はオールセラミックに劣りますし、年数経過による変色も起こります。ただしその分費用は安く、セラミックの中でもお手軽です。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプで、耐久性の高さが特徴です。金属の耐久性を兼ね備えているため、奥歯をセラミックにする場合におすすめです。注意点として、メタルボンドは金属を使用しているので金属アレルギーの対象になります。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドのジルコニアを使用しているため、耐久性の高さが特徴です。その点ではメタルボンドと似ていますが、メタルボンドよりも美しく、さらに金属も使用していません。つまりメタルボンドを上回る審美性と機能性を持つものの、オールセラミック同様に費用が高いのが欠点です。

費用について

セラミックの費用は銀歯と比べると高く、なぜなら健康保険が適用されないからです。最も、方法次第で費用を抑えることはできるため、次のことを参考にすると良いでしょう。

ハイブリッドセラミックにする

ハイブリッドセラミックは審美性も機能性もオールセラミックに劣りますが、費用が安くなっています。このため、安くセラミックにしたい方におすすめのタイプです。ただし、審美性や機能性にこだわる方にはハイブリッドセラミックはおすすめできません。

複数の歯科医院で費用を比較する

セラミック治療は自由診療のため、正確な費用は歯科医院ごとで異なります。例えば同じオールセラミックでも、歯科医院によって費用に若干の違いがあります。このため、複数の歯科医院で費用を調べて比較することで、少しでも安くセラミック治療することが可能です。

医療費控除を利用する

セラミック治療は医療費控除の対象になっています。このため、年間10万円の医療費を超えた場合は確定申告時に返還の手続きが可能です。ただしそのための証明が必要ですから、セラミック治療時の領収書やレシートの類は保管しておきましょう。

セラミックのメリットについて

ここで説明するセラミックのメリットは、基本的に全てのセラミックに共通するものです。

審美性が高い

セラミックの最大のメリットとなるのが審美性の高さです。特にオールセラミックは天然の歯と見分けがつかないほど美しいですし、審美性で劣るとされているハイブリッドセラミックも、銀歯やレジンに比べれば遥かに高い審美性を誇ります。

二次虫歯を予防しやすい

銀歯はプラークが付着しやすく、さらに歯との間に隙間が生じやすいため二次虫歯になるリスクが高めです。一方セラミックは全く逆で、二次虫歯を予防しやすいというメリットがあります。これは、セラミックが材質的にツルツルしているためプラークが付着しにくいからです。

長持ちする

詰め物や被せ物の寿命はケア次第で大きく変わるため、セラミックの寿命も一概に断言はできません。しかし保険診療の銀歯と比べると、材質的に考えても長持ちしやすくなっています。特にオールセラミックは年数が経過しても変色しないため、ずっと美しいままでの使用が可能です。

…もう1つ、セラミックのメリットとして「金属アレルギーが起こらない」がありますが、これをメリットの中に含めなかったのは、メタルボンドはその対象外だからです。つまりメタルボンド以外のセラミックについては、「金属アレルギーが起こらない」のメリットもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療における必要な知識についてまとめます。

1. セラミックの種類について :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック
2. 費用について :セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べると費用が高くなる
3. セラミックのメリットについて :審美性が高い、二次虫歯を予防しやすい、長持ちする

これら3つのことから、セラミック治療における必要な知識について分かります。「セラミック=美しい」のイメージがありますし、確かに美しさはセラミックの最大のメリットです。しかしメリットは他にもありますし、一方で費用が高いなどのデメリットもあります。またセラミックには種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。セラミック治療を希望する際には、これらのことをある程度は知っておいた方が良いでしょう。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム