お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7301-8449

再診・その他のお問い合わせ

03-5797-7970

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

赤坂クレール歯科クリニックへのお問い合わせ:03-5797-7970

詰め物をした歯は虫歯にならないですか?千代田線赤坂駅徒歩2分の歯医者|赤坂クレール歯科クリニック

赤坂液徒歩2分 日祝休診

詰め物をした歯は虫歯にならないですか?

東京赤坂の歯医者さん、赤坂クレール歯科クリニックです。
今回のテーマは「二次虫歯の説明」です。
虫歯治療を終えて詰め物で処置した歯は、もう二度と虫歯にならないと思っている人がいます。

しかしそれは間違いで、例え詰め物で処置した歯でも再度虫歯になることはありますし、
二度どころか三度も四度も虫歯になってしまい、虫歯の再発と治療を繰り返す人も少なくありません。
それは二次虫歯と呼ばれるケースで、成人の虫歯ではこの二次虫歯が非常に多いのです。

二次虫歯とは

一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることを二次虫歯、もしくは二次カリエスと呼びます。
本来、詰め物はこのような虫歯の再発を防ぐのが目的の処置であり、
そのため治療した患部が露出しないよう詰め物でピッタリと接着されていますね。

しかし詰め物も人工物であり、「物はいずれ壊れる」の言葉どおりやがては寿命になるのです。
そうなると接着が弱まって剥がれてしまい、そこから細菌が入り込んでしまいます。
当然虫歯の原因菌が入り込むこともあり、これが二次虫歯になってしまう流れです。

二次虫歯は歯を失う

二次虫歯を繰り返すと、例え早期治療したとしてもいずれ歯を失います。
虫歯になれば歯が溶かされますし、治療すれば歯を削ることになり、
これらを何度も繰り返すことで少しずつ歯は失われていくでしょう。

最も、いくら虫歯の原因菌が存在したとしても、本来そこまですぐ虫歯になることはないのですが、
二次虫歯の場合は最初の虫歯治療で歯を削ったことによって象牙質が露出しており、脆い状態にあるのです。
エナメル質に保護されていない状態では細菌に感染しやすく、そのためすぐ虫歯が再発してしまいます。

二次虫歯は発見が難しい

二次虫歯は最初の虫歯に比べて発見が難しく、そのため重症化するまで気づかない人もいます。
これには2つの理由があり、1つ目に虫歯を目で確認できないことです。
と言うのも、一見その歯は詰め物で処置されているため、詰め物の下が虫歯になっていても見えません。

2つ目に、二次虫歯は痛みを感じないケースがあることです。最初の虫歯治療で神経を失っている場合、
虫歯が再発しても一切痛みを感じず、痛みを感じないことで虫歯にも気づけないのです。
このような理由から二次虫歯は発見が難しく、二次虫歯が起こっても自覚できないケースが多く見られます。

二次虫歯の予防方法

二次虫歯とは言え虫歯は虫歯…そのため、二次虫歯の予防方法は虫歯のそれと変わりません。
ただ、二次虫歯ならではの予防方法もあり、例えば次のことが挙げられます。

セラミックの詰め物にする

審美性の高さが特徴のセラミックですが、実は二次虫歯を予防しやすく機能性にも優れています。
ツルツルした素材のためプラークの付着を防ぎ、さらに歯としっかりと接着するため隙間も生じにくいのです。

定期検診を受ける

詰め物が劣化すると二次虫歯になりやすくなりますが、ただ詰め物の劣化に気づくのは難しいでしょう。
そこで、定期検診を受けて詰め物の状態を確認してもらい、劣化があれば新品のものに交換してください。

セラミックにする時の注意点

二次虫歯を予防する上でセラミックは効果的ですが、
実際にセラミックを希望する場合は次のことに注意してください。

費用が高くなる

セラミックは自由診療のため、保険診療の銀歯やレジンと比べると費用は高くなります。
特に複数の箇所をセラミックにする場合は尚更で、現実的ですが予算は考えておいた方が良いでしょう。

セラミックには種類がある

オールセラミック、ハイブリッドセラミックなど、セラミックにはいくつかの種類があります。
もちろん種類ごとの特徴もあるため、自分の要望に合ったタイプのセラミックを選択してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、二次虫歯の説明についてまとめます。

1. 二次虫歯とは :虫歯の再発。詰め物の劣化で隙間が生じ、そこに虫歯の原因菌が入り込むことで起こる
2. 二次虫歯は歯を失う :虫歯で歯を溶かされ、治療で歯を削る。これを繰り返せば歯は徐々に失われていく
3. 二次虫歯は発見が難しい :詰め物が入れてあるため、見た目で虫歯の発症を確認できない
4. 二次虫歯の予防方法 :従来の虫歯予防に加え、セラミック治療や定期検診の受診などが効果的
5. セラミックにする時の注意点 :自由診療のため費用が高くなる、セラミックには複数の種類がある

これら5つのことから、二次虫歯の説明について分かります。
詰め物で処置した歯でも虫歯になることはあり、虫歯の再発を意味するそれは二次虫歯と呼ばれます。
それは決して稀なケースではなく、実際に大人の虫歯治療の多くが二次虫歯によるものです。

これを防ぐには詰め物の劣化に気を配る必要があり、そのためには定期検診の受診が欠かせないですし、
セラミックの詰め物にするなどそもそも二次虫歯になりにくくすることも考えてみるべきでしょう。
二次虫歯と治療を繰り返せば歯が失われるため、二次虫歯は絶対に予防しなければなりません。

PAGE TOP

赤坂クレール歯科クリニックへの診療予約フォーム